Home » 社労士になるためには

社労士になるためには社労士に一発合格する勉強法 

社労士になるためには国家試験を受けて
それに合格しなければいけません。

誰でも簡単に合格できる試験ではありません。
その試験の難易度を判断するためには合格率を見るのが一番良いでしょう。


社労士の合格率は1割を切っています。
たとえば、平成25年度の社労士試験の合格率は5.4%でした。
これは歴代の試験の中でも最低の合格率です。

しかし、合格率が高い年でも1割を超えるようなことはほとんどありません。

毎年、社労士の試験を受験するのは5万人近くいます。
その中で合格できるのはわずか2000人から3000人程度なのです。

>社会保険労務士の受験資格はこちら


他の国家資格や公的資格の試験と比較すると、
難易度はかなり高い方です。
したがって、きちんと試験に向けて学習を進めていかないと
なかなか合格するのは難しいでしょう。


他の代表的な国家資格の合格率を見てみましょう。

たとえば、司法試験の場合は社労士よりもさらに難しく
1%から2%程度となっています。


税理士の場合は10%程度であり、
司法書士は3%から4%となっています。

単純に合格率だけで試験の難易度を比較することは難しいのですが、
社労士はかなり難易度の高い資格であることが分かるでしょう。

社労士を目指すために通信教育を受けたり、
資格専門の学校に通学している人がいます。

あるいは独学でがんばっている人もいます。
どのような学習方法を選択するのかは自分で決めなければいけません。

しかし、どんな方法であっても、
たくさんの学習時間を費やして合格を目指さなければいけないのは同様です。

Sponsored by

Copyright(c) 2014 社労士に一発合格する勉強法 All Rights Reserved.