Home » 独学で合格するには » 独学の場合は工夫が必要

独学の場合は工夫が必要社労士に一発合格する勉強法

category : 独学で合格するには 2014.5.23 

独学で社労士になるために試験勉強を進めている人は多いです。

独学の特徴としては、試験日までの学習のスケジュールをすべて自分で決めないといけません。そのため、計画性を持って試験の日までの見通しを立てながら学習を進めていかないと合格できない可能性が高くなってしまいます。


教材の選択も自分でしなければいけません。幸いなことに、現在は社労士試験の対策となる教材が市販されています。書店に行けばたくさん見つけることができるため、その中から選ばなければいけません。教材の選択を間違えてしまうと、試験とは関係のない無駄な知識ばかりを身に付けてしまう可能性があります。
そのため、ネット上の口コミやその他の情報を駆使して、教材を慎重に選択することが大切です。


また、独学では学習時間の確保が重要な問題となります。特に仕事をしている方の場合は、時間がとても限られてしまうことが多いでしょう。短い時間の中で効率性を重視しながら試験勉強をすることはとても大変です。


独学は自分でやる気を出すことが大切です。誰かに強制されることがないため、自分自身でモチベーションを高めながら勉強を進めていかなくてはいけません。


このように独学で勉強を進めるのならば、
色々なことを考えておく必要があります。

したがって、ある程度時間に余裕を持って、試験本番までの計画を立てることから始めるべきです。難易度の高い試験であるため、独学の場合は色々な工夫をしなければいけないでしょう。


comment closed

Sponsored by

Copyright(c) 2014 社労士に一発合格する勉強法 All Rights Reserved.